台風19号がカテゴリー6の強さとか…どれくらいヤバいのかイメージしてみました

台風19号がカテゴリー6の強さとか言われてるのでヤバさをイメージしてみました

台風19号がカテゴリー6とか言われてるけど、それって一体どれくらいの強さなんだろう?

こういった疑問にお答えします。

結論、台風19号はカテゴリー6ではありませんが、相当ヤバそうです。千葉県に大きな被害を出した台風15号よりも遥かに大きいという事実です。

カテゴリー6の強さ

カテゴリー6は、存在しない強さです。

ただし、今回の台風19号がカテゴリー6で確定というわけではありません。
こちらの記事にあるように、あくまでもカテゴリー6に相当するのではないか?という仮定の話です。

現在のカテゴリーは5段階

現在のカテゴリーで存在する基準は、5段階です。引用した以下をご覧ください。

カテゴリーの一覧

カテゴリー6は存在しない

お気付きかと思いますが、この図にはカテゴリー6はありませんよね。

当スケールで最も高い等級はカテゴリー5で、このカテゴリーに属するハリケーンは最大持続風速が156 mph (70 m/s)を超える。

Wikipedia

これだけだと全くイメージが湧かないので、もう少し掘り下げてみます。

『カテゴリー』はハリケーンの強さを表すもの

ぶっちゃけ台風もハリケーンも同じ熱帯低気圧ですが、発生する場所によって呼び方が違います。

台風は東経180度より西の北西太平洋および南シナ海で日本の分類です。
ハリケーンは北大西洋、カリブ海、メキシコ湾および西経180度より東の北太平洋東部、タイフーンは北太平洋西部、サイクロンはベンガル湾、北インド洋に存在する熱帯低気圧を指します。

お天気com

こんな感じで呼び分けられています。
上でもお伝えした、カテゴリー6に『相当する』というのは、台風の強さを測る単位ではないからということですね。

台風15号と比較

今回の台風19号と、千葉県に大きな被害を与えた台風15号と比較してみました。

以下のツイートにある写真のとおりです。

ということで、カテゴリー6は台風15号よりも遥かに大きな台風に相当するイメージですね。

体重80kgでも吹っ飛ぶ

以下は再掲ですが、カテゴリー5ですら風速70メートルを超えます。(太字の部分)
カテゴリー6ともなると、それをさらに上回ることになるってことですよね。

当スケールで最も高い等級はカテゴリー5で、このカテゴリーに属するハリケーンは最大持続風速が156 mph (70 m/s)を超える。

おおまかに風速24〜29メートルの強い風に耐えるためには、体重が80kg必要みたいです。
つまり、風速70メートルを超えてくるとか無理ゲーですよね/(^o^)\吹っ飛ぶどころでは済まないのかも…

だだし、この説はある程度の筋は通っているけど、正式な研究による裏付けはされていないとのこと。
参考にしたのは、こちらのサイトです。

あまり鵜呑みにしないほうが良いとは思いますが、体重と絡めると一気に分かりやすいですね。

風が与える影響の目安

以下が大まかな風の強さの目安です。

【風の目安】
  • 風速10〜15メートル:歩きにくい
  • 風速15〜20メートル:転倒する人もいる
  • 風速20メートル〜:立っていられない

参考:ウェザーニュース

ちなみに、風速20メートルを超えてくると通常速度での車の運転すら難しくなるみたいですね。1トンを超える鉄の塊ですらこの有様です。

風速20メートルを超える場合は、外を出歩かないほうが良いことがよく分かりますね。

もっと細かい目安もある【専門家っぽい】

ビューフォート風力階級表というものがあります。若干、専門家っぽい内容です。

※単位は全てメートルです
  • 風速0〜0.2:穏やか。煙がまっすぐ昇る
  • 風速0.3〜1.5:煙がなびく
  • 風速1.6〜3.3:顔に風を感じる。木の葉も動く
  • 風速3.4〜5.4:旗が開く
  • 風速5.5〜7.9:砂埃がたつ
  • 風速8.0〜10.7:水面に波紋が立つ
  • 風速10.8〜13.8:傘がさしにくくなる
  • 風速13.9〜17.1:風に向かって歩きにくい
  • 風速17.2〜20.7:風に向かって歩けなくなる
  • 風速20.8〜24.4:家屋にわずかな被害が出る。煙突が倒れる
  • 風速24.5〜28.4:陸地で起こることは珍しいレベル。家屋に大損害
  • 風速28.5〜32.6:めったに起こらない。広範囲で被害が出る
  • 風速32.7以上:更に甚大な被害

参考:ビューフォート風力階級(Wikipedia)

やはり、風速20メートルあたりが外に出るとヤバそうなボーダーラインな感じですね。

仮にカテゴリー6が設けられることになると、もはや外に出るとか出ないのレベルではないです。

まとめ:カテゴリー6レベルの台風が来たら、たぶん詰みます

少しごちゃごちゃしたので、要約してみます。

  • 台風19号は、カテゴリー6ではない
  • カテゴリー6は超爆風。風速にすると70メートルを超える
  • 体重が80kgあっても、風速29メートルくらいが限界
  • そもそも風速20メートルの時点で、外に出るべきではない

カテゴリー6に相当するレベルは圧倒的であることはお伝えできたかと…
そんな台風が来たら、それこそオワタ/(^o^)\です。

まずは台風19号に備えるため、雨戸は全部閉めて引きこもろうと思います。それでは😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です