無料でアイキャッチ画像を選べる!フリー素材が手に入るサイトを紹介します

ブログの記事にとって『顔』とも言えるアイキャッチ画像

「大事さは分かっているけど、一から探すのってめんどくさい…」
そんな風に思う人は多いと思います。

この記事では、

ブログのアイキャッチ画像を無料で手に入れるためのサイト

を独断と偏見でお伝えしていきますよ!

無料でアイキャッチ画像を選べるサイト

ここからは、僕が普段よく使っているアイキャッチ画像を選んでいるサイトをご紹介していきます。

実際に利用される場合は、それぞれのサイトの規約をよく読むようにしてくださいね。規約は予告なく変更される場合がありますので…

Unsplash

参考 Unsplash

ハイセンスで芸術的な画像たちが詰まっているサイトです。

画像の保有量も心配なし!10日ごとに10枚の写真が追加されているので画像の新陳代謝も図られており、使い続けたくなるサイトと言えるでしょう。

海外サイトなので一見ハードルが高そうに見えますが、検索ワードを入れる場所などが視覚的に分かるようになっているので、すぐに慣れますね。

あ、気を付けてほしいのは検索ワードは英語でということです!

これを忘れてしまうと検討外れな画像が出てくる、検索結果が0件になってしまうのような事態になってしまうので!

PEXELS

参考 PEXELS

このサイトの特徴は、とにかく画像の数が多いことです。

数が多い割に画像の質も高く、サイト動作も機敏なので、ノンストレスで使えるのが嬉しいところですね。

こちらも検索は英語で行うようにしましょう!

ぱくたそ

参考 ぱくたそ

ブログを実践している人であれば知らない人はいないんじゃないか?ってくらい有名なサイトですよね。

だけど、やっぱり重宝することが多いので、この手の紹介記事では欠かすことはできませんw

大きな特徴としては、人物・モデル画像が非常に多いこと。

少しコミカルなものなんかも簡単に見つけることができるので、僕は記事の雰囲気を明るくしたい場合に良く活用しています。

上で紹介した2サイトと違い、日本語でガンガン検索できる所も嬉しいポイント。

「知らなかった!」という人は、今すぐにブックマークすべきサイトです!

ICOOON MONO

参考 ICOOON MONO

ここで声を大にしてお伝えしたいのが「アイキャッチは画像だけではない」ということ。

確かに画像と言えば画像なんですが、こちらのサイトはモノクロで洗練されたアイコンが数多く選べるのです。

アイキャッチでよく見かけるのは、その記事で紹介している人物が入っていたり、関連する物が入っている画像や写真が多いですが、記事内容を要約していればアイコンでも問題無しなわけです。

むしろ、他の記事とは違った雰囲気が出せるので、差別化が図れるのでは…?という考え方もできますね。

というわけで、今までとはちょっと違った雰囲気を演出したい!なんて時は非常におススメしたいサイトですよ!

洗練されたアイキャッチ画像はサイトを引き立てる

最近はフリー素材を配布しているサイトも増え、簡単に質の高い画像が手に入るようになってきていると感じます。

アイキャッチ画像は、あなたのサイトを彩り・引き立てる存在でもあるので、ユーザーにも管理者にも愛されるようなものを選びたいですね!

もちろん、ここで紹介した以外にもフリー素材をダウンロードできるサイトはあるので、僕自身の引き出しも日々アップデートしていくつもりです。

この記事は定期的に更新し、質を高めていきますよ!

(おススメのサイトがあれば是非教えてください!w)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

他の記事も読んでいってくださいね。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です