藤原優大(青森山田)の出身小学校・中学校を経歴と共にお伝え!今後の進路もチェック

藤原優大(青森山田)の出身小学校・中学校を経歴と共にお伝え!今後の進路もチェック

高校2年生ながら名門・青森山田高校でレギュラーを張っている藤原優大選手。

年齢別日本代表にも選出された実績を持つ彼は、1年生の頃から『怪物1年生』と称されていました。

これからますます注目されていく選手ですが、怪物と呼ばれるようになるまでにどんな積み重ねをしてきたのでしょうか?

ということで、

この記事に書いてあること
  • 藤原優大の出身小学校や中学校などのプロフィール
  • 小学生・中学生時代の経歴
  • 高校卒業後の進路

このような情報をお伝えしていきます。

それでは早速行ってみましょう!

まずは、藤原優大選手のざっくりとしたプロフィールをお伝えします。

藤原優大のプロフィール
  • 名前:藤原優大(ふじわらゆうだい)
  • 生年月日:2002年6月29日
  • 年齢:17歳(記事公開時点)
  • 出身地:青森県弘前市
  • 兄弟:弟
  • 身長:181cm
  • 体重:71kg
  • ポジション:センターバック、ボランチ、トップ下

名前の読み方は『ゆうだい』です。
“ゆうた”とも読めるので間違えないようにしましょう。

身長は181cmと高く、それを生かしたヘディングが持ち味のようです。
高校2年生ということを考えると、まだまだ伸びる可能性を秘めていますね!

軽くプロフィールに触れた所で、出身校などについて掘り下げていきます。

出身小学校はどこなのか

藤原優大選手の出身小学校については、情報が得られず断定できませんでした…

出身が青森県弘前市なので、市内の小学校の可能性が高いと思われます。

ただ、弘前市内の小学校は30校以上あるので、絞り込むことは難しそうですね…

後ほど詳しく触れますが、藤原優大選手は小学生時代、リベロ津軽SCでプレーしていました。

リベロ津軽SCは、全日本少年サッカー大会に出場している名門チーム。
ここでの経験が今の彼の技術を支えているのでしょう。

余談ですが、埼玉県の名門・昌平高校に所属する西澤寧晟(にしざわさだてる)選手もリベロ津軽SCの出身。
2人が小学校以来の再会を果たしたのは、なんと2019年度全国高校サッカー選手権の準々決勝という大舞台!

試合は藤原優大選手擁する青森山田に軍配が上がり、西澤寧晟選手は『全国優勝』の夢を彼に託すというワンシーンもありました。

同じ道を突き詰めていくと、必ずどこかで交わるということが分かる出来事ですね。

出身中学校はどこなのか

青森山田中学校です!

この学校は部活動に力を入れている私立中高一貫校で、サッカー部・卓球部・柔道部・バドミントン部などは全国常連の強豪です。

ちなみに、藤原優大選手が同校を選んだ理由は

「全国を目指したいから」

とのこと。

「地元(青森県弘前市)のチームと青森山田中との2つの選択肢がありました。地元のチームは小学時代に全国大会に出ていて、良い仲間もいてここで戦っていけるなと思っていました。
でも、正直なところ、全国大会に出場ことが目標になっていたので、青森山田中なら全国優勝を目指せると思い、決断して青森山田に来ました。
特に高校に上がってからはサッカーを中心とした学校生活が送れています。青森山田に入って礼儀や挨拶なども学んで成長できましたし、感謝の気持ちを持ちながら取り組むことでできています。
山田中から一緒にやってきた先輩もいるので頼りになるし、一緒にやっていて楽しいです」

ヤンサカ

『目指す』だけでなく『優勝』することを目標にするって、ビビってなかなか決断できるものではないはず…

結果、藤原優大選手が入学してからの3年間(2015~2017年)で、青森山田中学校は全国3連覇を成し遂げています。(チームとしては4連覇)

藤原優大の小学校~高校までの経歴

繰り返しの部分もありますが、時系列で並べました。

小学校時代
  • 小学校時代津軽SCに所属しプレーする
  • 6年生の時チームでキャプテンを務め、全日本少年サッカー大会に出場
中学校時代(青森山田中学)
  • 全国優勝を目指し、入学
  • 部活在籍中は、全国中学サッカー大会で3連覇
  • 2年生の時、全中で3試合連続ゴール
  • 3年生の時、キャプテンとして全中優勝を経験
  • U-15 日本代表に選出され、ウズベキスタン戦・ベラルーシ線・ポーランド戦に出場
高校時代(青森山田高校)
  • 1年生の時
    主に要所での途中出場
    全国サッカー選手権で優勝を経験
  • 2年生の時
    センターバックのレギュラーを獲得
    高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグで優勝
    U-17 日本代表に選出され、パラグアイ戦・チリ戦に出場
https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

高円宮杯(たかまどのみやはい)とは?

高円宮より贈られる優勝杯の名前で、競技大会の名前でもあります。

各種スポーツ団体や文化団体の名誉総裁などを歴任していた故・高円宮憲仁親王の名前を取っており、サッカーの他に、野球・フェンシング・ホッケーなどの種目があります。

このように、経歴を見てみると優勝優勝優勝…同世代のサッカープレイヤー全てが目指す栄誉を獲得してきたことが分かりますね。

彼はどのようなプレーでここまで来たのでしょうか?
次でチェックしていきます。

どんな選手なのか

藤原優大選手のプレーの特徴をまとめています。

  • センターバック・ボランチ・トップ下など、幅広くこなせる器用さ
  • ヘディングが得意で空中線が強い
  • メンタルが強く落ち着いたディフェンスができる
  • ミドルシュートも打て、得点の引き出しが多い

基本的にはディフェンス寄りのポジションだけど、機を窺って得点にも絡める選手ということですね!

また、メンタルが強いとありますが、いい意味で図太くてPKも任されることもあるようです。

漫画とかアニメでたまに、

「お前が味方で良かったよ」

的なセリフがありますが、彼はまさにそんなタイプの選手なんだと思います。

高校卒業後の進路は決まっているのか

決まっていませんが、Jリーグ入りすると見て間違いないと思います!

本人も、

「プロに行って柴崎岳選手のようになりたい」

と語っています。

「青森山田で頑張って、プロに行って、代表にも呼ばれている。自分も柴崎選手のように憧れられる選手になっていきたい」

RakuteninfoseekNews

青森山田高校からプロ入りする選手はかなり多いので、OBからの色々な情報も浴びながら進路を決めていくことになるでしょう。

藤原優大選手の先輩である武田英寿選手も、卒業後は浦和レッズ入団が内定しているので!

このような選手が近くにいるのは、大きな刺激になりますね。

恐らくですが、各チームのスカウトマンも獲得に向けて動き出すはずです。

フィジカル含め、伸び代しかない

ということで、この記事の要点をまとめます!

  • 出身小学・中学校は?
    小学校:弘前市内の小学校と思われる
    中学校:青森山田中学
  • 小中学校から高校の経歴は?
    全ての年代において全国大会を経験し、中学・高校では制覇している
  • 卒業後の進路は?
    ほぼ確実にプロ入り


すでに181cmある身長も、まだまだ伸びる余地がありますし、青森山田高校という環境では技術面の向上も大いに期待できます。

これはもう『伸び代』だけですね!

スカウトマンばりにチェックしておいて損のない選手だと思いますよ。

それではみなさん、良いサッカーライフを!では😌

関連する記事もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です