ゴンサロ・クエッショの年収はどれくらい?3億円プレイヤー米倉涼子の交際相手は働き方も一流だった

ゴンサロ・クエッショの年収はどれくらい?3億円プレイヤー米倉涼子の交際相手は働き方も一流だった

ゴンサロ・クエッショさんと言えば、イケメン・完璧なレディファーストとモテ男の要素を全て掛け合わせたといっても過言ではありません。

最近では、米倉涼子さんの交際相手としても有名ですね!

そんなゴンサロ・クエッショさんは、ショーダンサー・振付師・アルゼンチンタンゴ教室の講師をこなす仕事人でもあります。

年収は2億9000万円と、ほぼ3億円プレイヤーの米倉涼子さんのエスコートを完璧にこなすエリートダンサーが一体どれくらい稼いでいるのか?気になるところです。

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

ゴンサロ・クエッショさんが受け持っている仕事をそれぞれ分析しながらまとめています!

それでは早速行ってみましょう!

ゴンサロ・クエッショさんの仕事は完全なる実力勝負の世界だけに、どれだけインパクトのある案件を手掛けているかが収入額につながるはず。

仕事関連の彼の実績を簡単にまとめると、

ゴンサロ・クエッショの実績
  • ショーダンサー:2006年『タンゴダンス世界選手権』で3位入賞
  • 振付師:2015年9月に放映されたEDWINのCMの振り付けを担当
  • タンゴ教室の講師:日本テレビ『アナザースカイ』で米倉涼子さんにタンゴを指導

*調べられた範囲なので、この他にも多数あるはず!

分かる範囲だけでもこのレベル感!

EDWINもアナザースカイも、ほぼ誰もが知っているブランド・番組に関わるのは実力がなければ到底かなわないことですよね。

ゴンサロ・クエッショの年収

結論から書くと、数千万円〜数億円くらいのレベルではないかと…

ただ、明確な数字の情報はほぼ皆無に等しいので、一般的なデータからの算出になっています。

ゴンサロ・クエッショさんの活動を切り分けて順番に考えてみました!

ショーダンサーとしての収入

ショーダンサーとは?

ミュージカルやお芝居、テーマパークのパレードなどで踊るダンサーのこと。

平均的なダンサーの年収は100〜300万と言われていますが、中には1000万円以上を稼ぎ出す猛者もいるようです。

実力的にも知名度的にも、ゴンサロ・クエッショさんは間違いなく猛者の部類に入ってくるでしょう。

実際、彼はブエノスアイレス(アルゼンチン)で有名なタンゴハウスで踊っているので(しかも複数箇所)、合わせると収入規模はかなり大きくなるはずです。

さらに、アルゼンチン・ニューヨーク・東京・ローマ・ベルリンなど世界各国のタンゴショーにも数多く出演、ワークショップも同じくらいのボリューム感で開催しています。

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

このような情報から、彼の収入源の大部分はショーダンサーとしての活動から入ってきていることが予想できますね!

正直、これだけで数千万円クラスだと思います。

振付師としての収入

振付師の仕事内容

映画やテレビ、舞台、イベントなどに出演するダンサーや歌手に踊りの振り付けをする。

ショーダンサーと同じく、振付師の収入は個人の経験や能力によって大きな幅があります。

CMを例に具体的な数字を出すと、1本で5万円〜500万円ほどの幅があるとか。

世界的に知名度のあるEDWINのCMで振付を担当しているあたり、ゴンサロ・クエッショさんは間違いなくトップクラスのはず。

一般的な相場とは次元が違うレベルの可能性が高いですね!

ちなみに、日本国内では振付の仕事だけで生計を立てているのはごく僅かという現実…厳しい世界です。

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

誰もが知っていそうな振付師を挙げるならKABAちゃんでしょうか。

超有名曲『世界に一つだけの花』を振り付けたのはKABAちゃんなんですよ!

アルゼンチンタンゴ教室の講師としての収入

これに関しては仕事内容を説明する必要はないでしょう!
そのまんま、タンゴの指導をする人ですね。

職種的にはダンスインストラクターに区分されると思います。

そして、ダンスインストラクターの年収で最も多いのは100〜300万円。
中には500万円ほどの人もいるようですが、多くはないようです。

で、ゴンサロ・クエッショさんが講師として在籍しているのが、高田馬場にあるEfecto tango(エフェクトタンゴ)というスタジオ。

プロフィールを見ると、日本とアルゼンチンを行き来しているとの記載が…

となると、講師としてレッスンに充てられる時間はそこまで多くないはずなので、このスタジオ講師としての収入は他と比べると少ないのでしょう!

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

米倉涼子さんとは超遠距離恋愛ということになりますね。

この次元の人達はどんな恋愛をしているんだろう…

フリーランス講師としての収入

ゴンサロ・クエッショさんは、教室に所属するわけではなく短期間の契約で収入を得るスタイルの働き方もしています。

2016年にはミラノに数ヶ月滞在してレッスンを担当していたこともあるので、現在も同様の活動はしているはず。

案件数はそこまで多くはないと思いますが、彼の場合は単価が相当に高いと思うので、結果的に収益も高くなりますよね。

ゴンサロ・クエッショは働き方も一流だった件

億に迫る勢いの年収額を誇ると予想したゴンサロ・クエッショさん、ショーダンサー・振付師・講師と、同じタンゴダンスとはいえ少し角度を変えた複数種類の働き方を持っています。

個人的に思うのは、一流の人は色々な収益源があるなぁ…と。

フェデラーやクリスティアーノ・ロナウドも、選手としてだけでなくスポンサーや自身のブランドがあったりしますからね。

そんなことをふと考えた今日このごろでした!

ということで、また次の記事でお会いしましょう。では😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です