LINE中に寝落ち…翌朝に返信したい内容3選!【意中の男性へ】

LINEでやりとりしている最中に、不本意ながら寝落ちしてしまう事があるかと思います。そんな時、翌朝にどんな返信をしたらいいのでしょうか?
今回は、意中の男性とやりとりしていた時の返信内容を3つピックアップしてみました。

「ごめんね、寝てた」

まずは普通に「ごめんね、寝てた」と返します。
ここで、相手(意中の男性)からどのような返信が来るかで脈があるか・ないかが分かるポイントです。

  1. 何気ない会話が始まる
  2. スタンプ付きの返信が送られて来る

基本的に、会話が続きそうな返信であれば、相手の男性に脈がある可能性があるかと思います。

自分に置き換えて考えてみるとピンとくると思いますが、特に興味のない相手とは用事もないのにLINEを何往復もしようとは思いませんよね?

「おはよう」

朝の挨拶「おはよう」で始まり、何気ない会話を続けてみましょう。

相手は昨晩から返信が来なくて、尚且つ既読すらつかなかったので、どうしたものかと気がかりだったはずです。
最近のLINE活用術で、「返信が面倒になったら、寝落ちしたフリをする」と言われるくらいですので、もしかしたらそれは自分に当てはまるのではないかと内心ハラハラです。

ということで、ここは、何事もなかったかのように爽やかに始めてみましょう。

無視しちゃう。起床後、数時間後に遅れて返信

上の2つよりも難易度の高い駆け引きになりますが、相手の男性からも少なからず脈がある様に感じられる場合であれば、その場合に限って試してみて下さい。

少なからず、あなたを意識している男性であれば、昨晩から「どうしたんだろう?」「なぜ、返信が来なくなったのだろう?」と頭のどこかで気にかかっているはずです。
返信が来なくなって1時間もすれば流石に「寝たのかな?」という結論が出るかとは思います。一先ず、この日の夜はそれで片付きますね。

しかし翌朝になって、想定していた「ごめんね?寝ちゃったの」といった返信が来なかったら…。きっと男性の心の中は嵐が吹き荒れているかもしれません。

「もしかして嫌われている…?」

起床後1時間もすればそんな自問自答する朝を過ごし、暫くしたところで「昨日はごめんね?」との返信が来たら…相手はかなりホッとするかと思います。
無事に返信が返って来たこともそうですが、何より自分が避けられていない事が分かって安心するかと思います。

この時のポイントは、寝てしまったということをしっかりと伝えることです!
それがないと、相手の男性の「俺とLINEするのってめんどくさいのかな?」という気持ちを拭い去ることはできないので…!

反動で、あなたの存在が相手にとってより大きいものになるかもしれませんよ。

今日から使えるのでお試しあれ!

LINE中に値落ちした時、翌朝に送るべき返信内容についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

もちろん、いずれも百発百中の必殺技という訳ではありませんので、どの男性に対しても効果がある…とは言い切れませんが、試して見る価値はあると思いますよ。

あなたなりの成功法則があれば、是非ともシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です