【2019年】診療放射線技師国家試験の解答速報をご案内!合格点の目安は?(第71回)

【2019年】診療放射線技師国家試験の解答速報をご案内!合格点の目安は?(第71回)

2019年診療放射線技師の国家試験を受験された皆さん、お疲れ様でした!

2019年2月21日に行われた試験の受験生の声を見てみると、

「例年に比べて難しかった…」
「過去問意味ない」

などの声が挙がっており、苦戦した人が多かった様子ですね。

この記事では

診療放射線技師国家試験2019年の解答速報

をご案内していきますよ!

受験生の皆さんは、要チェックや!

診療放射線技師国家試験2019の解答速報!(第71回)

2019年の診療放射線技師国家試験の解答速報は、現在は出されていません。

「いやいや、期待させといてなんじゃそりゃ!」

といった声が聞こえてきそうですが、現時点ではご勘弁を…w

その代わりと言ってはなんですが、昨年(2018年)の解答速報が掲載されたサイトをご紹介しますね!

もうしばらくすれば、2019年の解答速報が掲載されるはずなので、随時チェックしてみてください。

2019年の解答速報が掲載されそうなサイト
参考 厚生労働省:診療放射線技師国家試験の問題と正答

合格点の目安は何点?

診療放射線技師の合格点の目安は、

200点満点中120点(正答率60%以上)

が基準となってきます。

試験科目一部免除の場合

試験科目一部免除の場合は、

98点満点中59点以上(正答率約60%)

全科目受験と同様に、やはり60%以上の得点が必要になります。

注意
全科目受験、一部免除どちらの場合でも、0点科目が許されるのは1科目までですよ!

過去の合格者数と合格率を見てみよう

診療放射線技師国家試験合格者推移

2006年〜2017年の合格率一覧
【出典】Wikipedia

一覧を見てみると、目立って低いのは2012年の66.6%

一部例外はありますが、合格率が急激に上がった年の翌年は合格率が下がります

逆に言うと、下がった年の翌年は合格率が上がるということ。

今回は第71回なので、注目すべきは第69回⇒第70回への推移です。

合格率の推移は、85.4%⇒75.3%となっており、全体的な傾向で見ても急激に下がっていると考えて良さそうです!

つまり何が言いたいかというと、

2019年の診療放射線技師国家試験の合格率は、昨年よりも上る可能性が高い!

ということを言いたいのです!

注意
あくまでもこれまでの傾向からの予測ですからね!w

受験者の声




受験生のみなさん、本当にお疲れ様でした!

まとめ

以上、2019年の第71回診療放射線技師国家試験の解答速報と、合格点などの周辺情報についてお伝えさせていただきました!

いかがだったでしょうか?

受験生のみなさん、合格が確定するまではどこか地に足が着かない感があると思いますが、春からの新生活に向けて今のうちから準備できることをやっておきましょうね。

もちろん、時間に余裕があれば趣味などに費やすことも、とても大事です!

メリハリのある時間配分をしてくださいね。

それでは新しい情報があれば、追記にてお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です