小田安珠のカップサイズをスリーサイズや画像から検証してみた!

小田安珠のカップサイズをスリーサイズや画像から検証してみた!

この記事で分かること
  • 小田安珠のカップサイズやスリーサイズ
  • 簡単なプロフィール

第52回ミス日本コンテスト2020でグランプリとなった小田安珠さん。

その肩書に恥じること無いルックス・スタイル、更には慶應義塾大学とまさに才色兼備!

キレイな女性のスリーサイズや胸の大きさって、やっぱり気になっちゃいますよね…?特に男性は…笑


いやらしい!


って言われても、こればかりは仕方がないことです…

ということで、この記事では

小田安珠さんのカップサイズをスリーサイズや画像から検証していきます!

それでは早速行ってみましょう!

https://www.instagram.com/p/B1_aShtHCKi/

まず結論ですが、B〜Cカップではないかと思います!

その根拠となるものを以下にまとめています。

スリーサイズ

https://www.instagram.com/p/Bk-IpW3FX3X/

B75-W57-H85という情報がありました!
(身長は170cm、体重は48kg)

小田安珠さんは『ホリプロタレントスカウトキャラバン2013』でファイナリストに選ばれて、芸能界デビューしています。

そのため、一時期(中学3年生〜高校卒業まで)はホリプロに事務所登録していたことがありました。

ということなので、上でお伝えしたプロフィールは、その時のサイズになります!

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

現在はスリーサイズに若干の変化があるかもしれませんが、このデータを元に検証していきます!

似たスタイルの芸能人

小田安珠さんの身長を含めたスリーサイズは、榮倉奈々さんと非常に似ています。

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

榮倉奈々さんのスリーサイズは、

B78−W58-H84
身長:170cm

小田安珠さんは、

B75-W57-H85
身長:170cm

ほぼ一致と言って良いと思います!

そして、榮倉奈々さんはA〜Bカップと言われています!

成長を加味

ここまでの根拠だと、小田安珠もA〜Bカップということになりますが、忘れてはならないのが高校生の頃のデータを使っているということ!

現在、彼女は大学生なので心身ともに成長していると言えるでしょう!

成長を加味ということで、1サイズ上と見積もって良いと思います。

https://koffeebreak-quality.com/wp-content/uploads/2019/12/koffee-break.right_.png
koffee

以上を根拠に、小田安珠さんのカップサイズをB〜Cカップと見ました!

これだけだといやらしい記事みたいになりそうなので、彼女の他の情報もお伝えしますね!笑

お時間ある方はお付き合いください。

【おさらい】小田安珠のプロフィール

一応ですが、小田安珠さんのプロフィールもまとめておきます。

小田安珠のプロフィール(2020年1月現在)
  • 生年月日:1998年8月3日
  • 年齢:21歳
  • 身長:170cm
  • 出身:東京都中央区日本橋
  • 血液型:AB型
  • 靴のサイズ:24.5cm
  • 高校:日出高校
  • 大学:慶應義塾大学 文学部 人文社会学科 民俗学考古学専攻
  • 趣味:ミュージカル鑑賞、ドライブ
  • 特技:クラシックバレエ
  • 資格:漢検2級、英検2級、ニュース時事力検定2級、
    秘書検定2級、普通自動車免許

また、彼女の近年の経歴を簡単にまとめました。

2018年
  • ミス慶應コンテスト2018でグランプリを受賞
2019年
  • 2018年12月〜2019年5月まで『BSフジ学生キャスター』を務めた
2020年(現在)
  • 第52回ミス日本コンテスト2020でグランプリを受賞

将来はアナウンサー?

ということで、この記事の要点をまとめます!

この記事の要点まとめ
  • 小田安珠のカップサイズは?
    → B〜Cカップ
  • スリーサイズは?
    → ホリプロ時代でB75-W57-H85

この辺のデータが公表される可能性は低いですが、何か情報があれば更新していこうと思います。

ちなみにですが、小田安珠さんは将来の夢を

「三田友梨佳アナのようなアナウンサーになりたい」

と語っています。

また将来はアナウンサーを志望している彼女だが、今年で18年目になるバレエや、直接のきっかけはBSフジでの学生キャスターの経験で、さらに大学での考古学の勉強をはじめ、ミス日本ファイナリストでの活動や勉強会を通じ、大きく成長できていると語った。

「伝えることに打ち込んできました。伝えることの楽しさ、難しさ、そして何よりやりがいを感じました」

将来は、ミタパン(三田友梨佳アナ)のような優しく、凛としたアナウンサーを目指したいという。

ACTRESS PRESS

学生キャスターの経験、ミスコングランプリ、慶應…と、経歴・スペックともに申し分ないので、ほぼ間違いなくアナウンサーとしての道を歩んでいくと思っています!

彼女を画面の向こう側で見るようになる日は遠くないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です