テニスで試合前の『フィッチ』の正しいやり方はホントに知ってる?手順やマナーを確認しておこう

テニスの試合開始前に行う儀式に『フィッチ』がありますよね。

試合を行うときはほぼ必ず行うフィッチですが、マナーや細かい手順を教わることってあまり無いですよね?

基本的に周りの人の見よう見まねという人がほとんどではないでしょうか。

改めて流れをじっくり確認してみたいと思ったので、

テニスの試合前に行う『フィッチ』の正しいやり方

について、この記事でお伝えしていきます!

フィッチのタイミングはいつが適切?

サーブ練習の前に行うのが適切

都道府県選手権くらいの試合になってくると規定も厳しいためルールも徹底されていますが、草トーナメントではゆる~く考えられていることが多いです。

そのため、フィッチを行うタイミングも人それぞれだな…と。

草トーナメントでは試合開始前にサーブ練習ができますが、フィッチのタイミングは

  • サーブ練習
  • サーブ練習

の2パターンに分かれています。

サーブ練習後の方がその日の調子が分かるので選びやすいのは分かりますが、本来は試合前にウォーミングアップを済ませておくのがマナーです。

草トーナメントでお咎めを受けることは無いと思いますが、正しいのはサーブ練習前に行うことなので、知識としては覚えておくようにしてくださいね。

フィッチの正しいやり方とポイント

ここからはフィッチをするにあたって、おさえておきたいポイントを

ラケットを回すのはどちらの選手でも良い

ラケットを回すのはどちらの選手でもOKです。

よく「格下の選手が回す」なんてことが言われたりしていますが、そんなルールはありませんので!

ラケットを回すときは相手側のコートで

明確なルールはありませんが、ネットを越して相手側のコートでラケットを回すのがマナーだと思います。

これは

表か裏かを選ぶのは「フィッチ」を言ってない側

フィッチを言っていない側のプレーヤーが『表』『裏』かを選びます。

表・裏ではなく、できればテニス用語を使えるとカッコいいですよ!

表の言い方
  • スムース
  • アップ
裏の言い方
  • ラフ
  • ダウン

ちなみに、スムース(アップ)orラフ(ダウン)の宣言は、相手がラケットを回し始める前に行うようにしてください。

「ラケットが倒れてから宣言しましたよね?」などの不毛なトラブルを避けるためにも必要なことですし、本来はコイントスで決める物を簡略化してるだけなので!

ちなみに…フィッチの語源は?

英語のwhich

すでにピンと来ている人が多いと思いますが、whichは『どちら』なのかを聞く場合に使われる英語です。

それをそのまま使っているわけですね。

思いっきりカッコつけて使おう

テニスの試合前に使われる『フィッチ』の正しいやり方についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

何事も縮こまっているとカッコ悪いので、堂々とスマートにこなせるといいですね^^

テニスもうまそうに見えるので、相手へのプレッシャーにもなりますよ!

明日から早速実践してみましょう。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です