梅雨が長い原因って何なの?ジメジメが続く理由だけでも知りたいよ…

梅雨が長い原因って何なの?ジメジメが続く理由だけでも知りたいよ…

日本には四季があります。
季節の変わるのを肌で感じながら、四季を楽しめるのは日本の魅力ですよね。

ですが、誰でも好きな季節や苦手な季節があります。

初夏のさわやかな季節を過ぎて、夏本番の前のジメジメした梅雨を好きな人は少ないですよね。

もちろん、梅雨がないと、水不足になったり、農作物にも影響があるので、梅雨は大切です。

でも、あまりにも長引く梅雨はちょっと気分も滅入ります。

なぜ梅雨が長引くのか、その理由を理解して、上手く乗り切るコツをご紹介します。

梅雨とはなに?

梅雨は、梅雨前線という雨を降らす前線が停滞するのが原因です。
呼び方が違うだけで、日本以外にも梅雨のように雨や曇りが多く、湿度の高い季節がある国や地域は他にもあります。

日本では、沖縄が梅雨入りしてから約1ヶ月程度で関東まで梅雨入りし、沖縄が梅雨明けするころには、東北まで梅雨入りします。

北海道まで梅雨前線は伸びにくいので、一般的に北海道には梅雨はないと言われています。

でも、近年は北海道も本州並に猛暑になったり、梅雨のような長雨があるので、これまでの気象の常識は通用しなくなっているのでしょうね。

梅雨が長引く原因とは?

令和元年は、梅雨入りしてから日照時間が極端に短くなっているので、農作物への被害が心配されています。

梅雨明けも遅れていますから、毎日ジメジメして洗濯物が片付かなくて困っている人も多いでしょうね。

いったい、いつになったら梅雨明けするのか・・。
そう思っている人は、天気予報を毎日チェックしているかも知れません。

最近の天気予報は、気象衛星の進化により、かなり正確です。
ですから、梅雨明けの予測も大きく外れることはないでしょう。

梅雨明けするには、太平洋高気圧が北上して、梅雨前線を押し上げなければ明けません。

長引く梅雨の原因が、太平洋高気圧の勢力が弱く、梅雨前線を押し上げるパワーがないので、日本列島からなかなか離れてくれないのです。

台風が発生して、梅雨前線を崩すと、それをきっかけに太平洋高気圧が強くなる可能性があるかも知れません。

長引く梅雨に注意したいこと

平年であれば、関東は7月21日ごろに梅雨明けしますが、令和元年は梅雨明けが遅れています。

しかし、これまでにも梅雨明けの時期がハッキリしないまま、梅雨明け宣言のないまま梅雨が終わっていたこともありました。

もしかしたら、令和元年もそうなる可能性はあります。

注意したいのは、梅雨が長引くことで、体調を崩しやすくなっていることです。

梅雨寒が続いたり、急に蒸し暑くなったりと、ジメジメしているのに気温の差も大きいので、体調管理は難しいですよね。

家の中も湿気がこもり、カビが生えやすくなっているので、扇風機やサーキュレーターで空気の流れを作ってください。

除湿機やエアコンのドライ機能などを上手く使いながら、何とか梅雨明けまで頑張りましょう。

まとめ

いつまで続くのか?とうんざりしていると思います。
暑すぎる夏も困りますけど、太陽の顔もそろそろ懐かしくなりますよね。

日本だけじゃなく、世界的に異常な気象が続いています。
今までの常識だけで油断しないようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です